前へ
次へ

SEO対策を自分で勉強しています

SEO対策は当然の時代になっていますが、やり方は初期の頃と変わっていないようです。キーワードを見つけ出してちりばめるのは巧みになりましたが、それだけで終わりです。より一歩前に進むための戦略的な方法、継続的な改革ができるやり方が求められています。継続的な改革とは、商品であれば商品コンテンツの改善にまで役立つ分析情報の提供ということです。その方法は構造化分析です。SEO戦略上のワードの構造とコンテンツ商品のコンセプトの構造を整理します。例えば、季節イベントのキーワードを考慮したSEO対策は重要ですが、さらに一歩進めます。「お正月」というワードの関連語の構造は、お正月に関連した言葉がたくさんありますから簡単です。これと同じことをコンテンツ商品でも行います。商品のコンセプトを言葉にして全体を構造化させます。構造化された両者が揃ったら、関連づけを行います。ここまでできれば、より的を絞り込んだSEO対策が可能です。結果の分析もより詳細にできます。来訪者からのフィードバック情報と合わせれば、同じ次回のイベントのための有益な改善情報になります。商品との関連づけができているので、商品開発のヒントにもなります。

Page Top